診療内容 Contentsof medical treatment

インプラント 治療法implant

インプラント治療方法

All-on-4

All-on-4とは

All-on-4

All-on-4とは、全ての歯を失った方に対して、4本のインプラントだけで全ての歯を回復させることが出来る治療方法です。これまでのインプラント治療では、多くの本数、骨造成が必要でしたが、このAll-on-4という治療方法では、インプラント本数も少なく、骨造成もいらず手術による負担を軽減できます。

インプラント埋入

 

術後に即日歯が入ります。

All-on-4を選択するメリット

メリット
・身体的な負担が少ない
・即日歯が入る
・審美的に優れる
・費用が経済的

費用は症例により左右しますので、ご相談ください。

オーバーデンチャー

オーバーデンチャー

オーバーデンチャーによるインプラント治療は、基本下顎2本、上顎4本のインプラントを埋入し、着脱式の義歯を取り付ける術式で、通常の入れ歯よりもしっかり噛めて使用中に外れることもないです。治療費用に制限のある方や体調等により大きなオペができない方などにおススメします。

骨が少ない場合 治療方法

骨が十分にある場合は比較的簡単に施術でき、通常の歯科医院でも十分対応可能でしょう。
しかし、骨が少ない場合は骨造成処置や埋入技術が必要であり、インプラントができないと言われた患者さんもいらっしゃることでしょう。

当院にもそういった方がよく相談にお見えになりますが、実際に拝見すると比較的簡単な方法でインプラントが可能なケースがほとんどであり、中には骨を全く造らなくても通常のインプラント埋入手術が出来るケースも数多く見受けられます。経験技術力が違うのです。
当院では経験豊富な歯科医師が治療に当たりますので、骨が少なくて他院ではインプラント埋入が不可能だと診断された症例においても、インプラント治療を可能になります。

しかしながら骨造成が避けられないケースも多いのでその場合は、治療期間の長期化・費用や手術回数の増加してしまいます。当院では、できるだけ患者さんの不安が少なくなるようにきちんと説明し、インプラント治療を受けていただくかどうかは最終的に患者さん自身に決定してもらえるよう最大限の努力を惜しみません。

GBR

骨が幅、高さが足りないときに自家骨や人工骨で造骨する方法です。
基本は下顎から採ってきた自家骨移植になります。
デメリットは、期間がかかるのと手術侵襲が大きく感染の危険があることです。

GBR

サイナスリフト

上顎は上顎洞(頬骨の内側辺りに位置する空洞のことで、奥のほうで鼻腔とつながっている)という空洞があるため、骨の高さが足りないことがよくあります。
サイナスリフトは、その空洞内に自家骨や人工骨などの骨補填材を填入し骨を造る方法です。術後の腫れがあることが難点です。

サイナスリフト

傾斜埋入

骨が少なくて真っ直ぐに埋入できない時、サイナスリフト・GBRなどの骨増生を避けたい時など、インプラントを傾斜させて埋入するテクニックです。

傾斜埋入のメリット
・治療期間の短縮
・治療費の削減
・治療の単純化

しかし骨があるところに狙って埋入するため、ドクターのテクニックと経験が必要になります。そのためどの歯科医院でもできるとは限りません。また上顎結節付近は大口蓋孔や翼突筋静脈叢などの危険な部位があるため注意が必要です。

骨増生処置を避けたからといって長期的なインプラントの成功率はかわりません。

インプラントについて詳しく知りたい方はこちら

インプラントの流れ

インプラントの流れ

インプラント治療の流れをご紹介致します。

インプラントの治療法

インプラントの治療法

インプラント治療法を掲載致しております。

インプラントの症例

インプラントの症例

インプラントの症例を多数掲載致しております。

ご予約・相談はこちら 019-645-3330

スタッフブログ

ページ上部へ戻る