診療内容 Contentsof medical treatment

衛生管理への取り組みHealth management initiatives

滅菌について

「滅菌」とは高温、高圧、紫外線などでほぼ無菌の状態にすることを言います。
治療時に患者さまのお口に入る器具(デンタルミラーや歯を削るためのタービンなど)は治療直前まで滅菌バックと呼ばれる袋に詰つめられて滅菌状態を保っています。治療後に、使用した器具は薬液洗浄したのち袋詰めにされオートクレーブと呼ばれる器械に入れられます。オートクレーブは医療用の圧力釜のような器械で高温、高圧で袋詰めの器具を滅菌します。

佐藤誠歯科医院では滅菌可能な器具はすべて滅菌しており、手袋や紙コップなどは使い捨ての物を導入し、院内感染防止・衛生管理に努めています。

「滅菌」と「消毒・殺菌」の違い

◎ 滅菌
「滅菌はすべての微生物を殺しますが、消毒や殺菌はある特定の範囲の微生物だけを選択的に殺します」という意味です。
ということは、殺菌や消毒よりも、滅菌の方が微生物を殺す力は強力ということになります。歯科治療の現場では一種の外科的な治療が多いため、可能な限りすべて治療に使う器具は消毒のレベルではなく滅菌をして患者様に使用する方が望ましいと言えます。

◎ 消毒・殺菌
人体に有害な細菌やウイルスの感染性を物理的、化学的手段を用いてなくすか、菌量を少なくすること。

DACユニバーサル | Sirona Dental

佐藤誠歯科医院では治療に使用する治療機器・ハンドピースは「歯科用滅菌器 DACユニバーサル」で滅菌処理を行い、常に清潔な状態で治療を行っています。

DACユニバーサル

DACユニバーサル

 

 

ご予約・相談はこちら 019-645-3330

スタッフブログ

ページ上部へ戻る